ナシ婚でも幸せな結婚生活は送れる!結婚費用を安く抑える方法。

くまさん
くまさん

結婚式をするお金がないんだけど、やっぱり式は挙げた方がいいのかな?

すーさん
すーさん

最近は、結婚式をしない人も増えているんだよ。

ナシ婚でも幸せな結婚生活は送れる!

ひと昔前なら結婚式を挙げるのは、当たり前のことでした。

しかし、現在では結婚する人の約50%が結婚式を挙げない”ナシ婚”を選んでい

るという結果が出ているようですよ。

個人的には、結婚式を挙げても挙げなくても上手くいく夫婦はいるし、離婚する夫

婦もいるので直接的な関係はないと思っています。

結婚式をしない理由は?

結婚式を挙げない人が増えていますが、一体どんな理由からなのでしょうか?

実は筆者も”ナシ婚”を選んだ一人なんですよ。

みんなが”ナシ婚”を選ぶ理由をピックアップしてみました。

お金がない

日々の生活でギリギリなのに、結婚式なんて贅沢なことにお金かけられないよって

思う人もいますよね。

特別な儀式といえども、1つオプションをつけるだけで+数万円の世界ですから無

理に結婚式を挙げる必要は正直ないと思います。

でも一生に一度の大イベント、お金はないけれど”思い出に残したい”という人への

オススメはこのあと紹介します。

興味がない

そもそもイベントごとに興味がなく、それなら生活費にまわした方が良いと考える

人もいますよね。

きっと結婚式に限らず、クリスマスやバレンタインなどのイベントにも全く興味を

示さないタイプだと思います。

もちろん夫婦二人が同意見で納得していれば、何の問題もありませんね。

派手なことが嫌い

特に男性の方が、セレモニーや派手なことをするのが嫌いという人は多いのではな

いでしょうか?

もし妻はウエディングドレスを着て式を挙げたいと思っているのに、夫がセレモ

ニーが苦手なので結婚式を挙げるか迷っている人は、少人数でも良いので結婚式を

した方が良いと思います。

妻に悔いを残させたまま、この先結婚生活を続けていくのは辛いですよね。

授かり婚

安定期に入っている場合は、マタニティードレスを着て式を挙げることもあります

が、妻は体力的にも精神的にも相当大変だと思います。

その為、出産して子供がある程度大きくなってから、子供と一緒に結婚式をすると

いう夫婦もいますよね。

子供と一緒に入場したりなど、子供もセレモニーに参加させることによって会場が

和やかなムードになるというメリットはあります。

再婚

夫婦お互いが再婚だったりすると、やはり式を挙げる割合は低いようです。

二度目となると結婚式に招待する親族や友人、職場の方々を呼びづらいというこ

ともありますよね。

記念には残したいけれど、招待状を送るのに気が進まないという人は”二人だけの

挙式”を挙げるという方法もありだと思います。

新婚旅行にお金をかけたい

結婚式より新婚旅行を豪華にしたいという人もいますよね。

ただ両親から懇願されて結婚式をやらざる負えない人には、新婚旅行も兼ねられる

”海外挙式”もいいですよね。

海外挙式であれば、両親や親族も旅行気分で参加できるので、きっと楽しんでもら

えること間違いなしですね。

マイホームを買いたい

お互いが20代同士と若ければまだ考えないかもしれませんが、いわゆる”晩婚”

言われる30代や40代、それ以上で結婚するとなると、気になるのが住宅ローン

ですよね。

将来、マイホームを買う計画があるならば、早めに住宅ローンを組むのに越したこ

とはありません。

特に、結婚と同時にマイホーム購入を考えている人は、少しでも頭金にまわしたい

と思う気持ちもよく分かります。

両親から結婚式をしてほしいと言われたら

一生に一度のことだから、我が子の晴れ姿を見たいを思う親がきっと大半なのでは

ないでしょうか?

両親にお願いされたら、式を挙げようかなという気持ちになりますよね。

しかし問題なのは、やはりお金です。

結婚式にかかる費用の負担を、少しでも減らす方法を考えてみましょう。

結婚式の費用を援助してもらう

自分達は”ナシ婚”を望んでいたのに、両親から結婚式を懇願された場合は結婚式の

費用を”相談”してみても良いかもしれません。

可愛い我が子の為ならと、きっと喜んで”援助”を申し出てくれるはずです。

しかし万が一、援助してもらえない場合は”格安結婚式”を選びましょう。

できるだけ安く結婚式を挙げる

結婚式は特別なものなので、安くても万単位でかかりますよね。

少しでも結婚式の費用を抑えたい人にオススメなのが、この4つです。

20名くらいの少人数を想定した場合の費用相場ですが、安いものなら50万未満

でも出来ますね。

しかし、見積をしたら予想以上に高くなるケースが多いので、あらかじめ予算を決

めてどのくらいまでなら許容範囲なのかをしっかり考えていくことが大事です。

1.5次会・・・・・・・・少人数であれば、50万未満も可能

レストランウェディング・・少人数であれば、100万未満も可能

親族のみでの結婚式・・・・少人数であれば、大体100万前後

海外挙式・・・・・・・・・少人数であれば、大体200万前後

”ナシ婚”だけど記念に残したい

ナシ婚を選んだ場合は、当然ですが妻のウェディングドレス姿も見れませんよね。

式を挙げたかったけれど出来なかった人や元々式を挙げる考えがなかった人にオス

スメなのが、”ブライダルフォト”です。

その名の通り、洋装ならウエディングドレスとタキシード、和装なら白無垢と紋付

袴などを着用し、ヘアメイクも完璧にしてスタジオで写真撮影を行います。

とにかく安く済ませたいなら”スタジオプラン”、少し高くなっても希望通りに写真

を撮ってもらいたいなら”ロケーションプラン”を選ぶのが良いと思います。

たいだい基本プランは台紙+1カットデータというところが多いですが、全データ

やアルバムなどのオプションをつけなければ、安いフォトスタジオなら1万円以内

で撮影が可能です。

しかし注意したいのが、”土日祝は追加料金”がかかるので、できることなら平日に

予約をした方が断然お得に撮影できます。

また、お客が少ない夏などはキャンペーンやフェアを開催しているところもあるの

で、その時期を利用すればさらに特典もつきますよ。

まとめ

結婚が決まったら、まず考えなければならないのが結婚式ですね。

結婚のスタイルが自由化されてきたものの、親はまだ式を挙げるのが当たり前と

思っている世代でもありますよね。

式を挙げるメリットとデメリット、式を挙げないメリットとデメリットをよく比較

して後悔のない選択をして下さいね。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

投稿者: berrysan2019

始めまして、すーさんと申します。 30代で結婚し、新婚生活真っただ中です。 友人達が続々と結婚&出産ラッシュの中、 のんびり独身生活を満喫していました。 決して結婚向きとは言えない私ですが、 幸せな結婚生活を送るにはどうしたらよいか を模索していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA